読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも歩いていく ver.2

大人になった発達障害者の子どもたちとの生活記録や、頭の中とっちらかった自分の時間やお金の管理、 ハウスキーピングのスキルアップ奮闘記。の予定。

日本語Bullet Journalが流行りつつある?

タスク管理 スケジュール管理 Bullet Journal

 2014年の秋に出会い、11月になんとなくで始めてみたBullet Journal。

 それが思った以上にしっくりきて、あっこれイイなと思ったものの、当時は、一か月先の来年の手帳として、ほぼ日のマミタス手帳を手に入れたばかりだったので、どうにかしてほぼ日を使ってBullet Journal方式でタスク管理したい!といろいろやってみてました。

 それがこれ。

step.jugem.cc

 あれから一年と半年ちょいたって、やり方はすこーし変わったものの、今でも続いてます。

 飽きっぽいわたしが続くんだから、これはやっぱり向いてるなぁ、と。

 

 そして、この一年半ちょいの間にも、どうにか改良できないか、あとは楽しく続けられるいいアイデアはないものか、いろんなところを見てました。

 

 Bullet Journalは外国発なだけあって、instagramなんかでたくさん使用例を見ることができるんだけど、日本人でやってる人ってあまり見かけなくて。

 ところが最近、日本語twitterでよくその名前を聞くようになって、日本にもBullet Journalブーム来た?なんてわくわくしています。

 

 最近見つけたむやたんさんのブログエントリ、これはすごい!と思いました。

muyatan.hatenablog.com 今まで、外国の方のBullet Journal例見てて、これ、自分流にして使えたらいいなぁなんて思ってたのが、わりとそのまま載ってて、しかも細かい日本語解説つき。

 写真もふんだんにあって、すごくわかりやすい。

 

 

www.youtube.com

 本家Bullet Journal動画では、スケジュールとタスク管理に重点を置いた、というかほぼそれだけのやり方なんだけど、外国の人たちの使い方見てると、ライフログに重点置いてる感じがします。

 

 わたしは二年前から、ライフログはデジタルで(後で検索しやすいから)タスク管理はアナログでって決めて、それでなんとか回ってるけど、手書きライフログもうつくしいなぁーと思って見てます。

 きれいなノートって見てるだけでわくわくするよね。

 

 小学生から高校生までずっと交換日記(ザ昭和!)やってたあげく、大人になってまで回覧ノートなるものにハマってたわたしは、やっぱりノート記録が好きなんだと思います。

 

 最後にご紹介するのは、わたしのBullet Journalお手本のMarieさんのブログ。

 まだ日本語Bullet Journalのお手本を探してさまよってたころに、いろいろと参考にさせていただきました。

 

mandarinnote.hotcom-cafe.com

 今、「Bullet Journal」で日本語サイト検索したらたくさん出てくるのね。

 日本語ユーザーがふえてうれしいなぁー。

 

 一年半ちょい続いたわたしのBullet Journal使用例も次回ご紹介しますね。